FC2ブログ

黒ごまプリン
FF14のPalamecia鯖で活動中の元アサシンですヨヽ(`Д´)ノ
06 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031» 08
7/7
|・∀・|<今日ハ何モシテナイヨ!

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

おれはTAが終わり研究室に戻ってきて
「うみねこ散」の情報を目にしたからググってみたら夜の10時を過ぎていた

な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも何をされたのかわからなかった…

頭がどうにかなりそうだった

催眠術だとか超スピードだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

考察まとめサイトの恐ろしさの片鱗を味わったぜ…


ごまばんわー

気がついたら時間が吹っ飛ばされていました

まさかキングクリムゾンΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)

それにしても次の肖像画とサンプル画像が不吉すぎるwwwwwww

これは***無双フラグ?!




カウンターストライクオンラインのCβが当選したみたいです

明日から一週間らしいんで少しはログインしてみようと思います(`・ω・´)

し、しかし画像がまったく昔から変わっていないというのが^-^;

開発費ほとんどかかってないだろうけど何処で金取るんだろうなー




ミラーニューロン本の7話は読み終わっていたのですが
最終章ということがあってまとめきれず

一番最後のところは自分の中で整理ついてないので明日加筆しますわー

ということで

うみねこのここまでの個人的まとめでも書いてみよう^-^;

それでは本日はここまでー

また明日にズサ━━━━⊂(゜Д゜⊂⌒`つ≡≡≡━━━━!!


コメント返信

>まぎゃさん

第2バリケ前にいても見つけてくるのか…さすが蒼剣さん…
それにしても、なんで豆腐見つからないんだろうなぁ
味方から見ても不思議な潜伏率(゚Д゚;)

まぎゃさんの潜伏も最近怖いんで来ないでください><


以下うみねこのなく頃にてEp4までのネタバレを含む更新
個人的再確認だから見るな><
続きを読む
スポンサーサイト



/ 2009/07/07(Tue)22:52 /
/ リアル日記 / trackback:0 / comment:0 /
7/6
|・∀・|<自重シナイヨ!

ごまばんわー

ひげしんのところから飛んだリボンの方のゆっくりGvが面白かったです

最新のGv動画に速度Pで駆け抜けてく俺が少しだけ映ってました(゚∀゚)

脱衣されておかしいことになっていましたが/(^o^)\

ゆっくりは一度手を出してみたいとは思ってたけどGv実況かー

ちょっと面白そうだから動画の撮り方でも調べてみるかー




何か系カテゴリ記事を書くとアクセス数が大幅に減るでござる

とはいえ投げだすのもあれなので明日までは続きます

自重しない俺による5章説明、ヒトのミラーニューロンについて
超短いからわかりやすいお

サル同様に人にもミラーシステムがあることがわかってきた。
サルとの明らかな違いは、ヒトのミラーシステムは「自動詞的行為」にも反応が起きている点や、運動行為の目的だけでなく個々の動きの時間的側面もコードしている点である。

ヒトの場合でも他者の行為を目にすると、運動野が活性化し観察された「運動事象」の意味が解読できる。すなわち目的志向の動作の観点から理解ができる。また、観察された行為をコードするだけでなく、どんな意図でその行為が行われたかもコードしていることがうかがえる。観察者は誰かが運動行為を行っているのを見ている一方でそれに続きそうな一連の行為をすでに予測しているかもしれない。

ミラーニューロンの活動は動きの構成と実行を統制する行為の語彙に支配されているため、人間の運動行為の語彙に入っていない物に対しては反応しない。(犬が食べ物をかじっているいる状況にはヒトのミラーニューロンも若干反応を示すが、犬が吠えている状況を見てもまったく反応を示さない)これは動きの意味(吠える)が理解できないというわけではなく、活性化する領域が違うっていうことです。結論として、他者の行為が持つ意味を理解するのに運動知識が決定的役割を果たしているということ。


あれ、まとめようとしたらえらい短くなった
事例の紹介とかは図を載せないと無理だからどうしてもカットになってしまう
5章は今までの知識があればスムーズに読めてわかりやすい章でした

多分次章も短いです、残りは6章の模倣と言語、7章の情動の共有ですお






6章 模倣と言語について 書くことが短かったのでまとめ終わってしまった
かなり著者の仮説について説明されてるので主要なとこだけ抜粋

模倣の定義
・個体が自分の運動レパートリーに既に属する行為を他者が実行するのを見てそれを再現する能力
(実験心理学的定義)
・個体が観察によって新しい行為のパターンを学習し、以後それを細部に至るまで再現できるようになるプロセス
(動物行動学的定義)

ミラーニューロン系は観察した行為を運動の言語でコードし、その行為を再現可能にするという、模倣における根本的な役割を果たしているように見える。

模倣による学習
観察者は、模倣する行為の一連の流れを自分の運動レパートリーに属する行為の連続である個々の要素に分け、コードした運動行為を実演者の行為を再現するような順に配列する

他者の行為を観察することで得た視覚情報を、それに対応する運動表象と結び付けるメカニズムが存在するはずである。模倣にはミラーニューロンを制御するシステムが必要で、このシステムには促進機能と抑制機能の2つの機能が欠かせない

>抑制機能が欠落した脳に損傷のある患者は、目にした他者の行為を繰り返してしまい中々止めることのできないという症例がある。

見真似によるコミュニケーションや原始的言語についてと、脳部位の発火場所などの考察から以下の仮説を立てた

ミラーニューロン系が個体間のコミュニケーションの原初形態が出現するのに不可欠な神経基盤になった可能性はないだろうか?

ミラーニューロン系の本来のメカニズムは他者の行為を認識する役割を担い、意図的なコミュニケーションの実質的機能は長い進化のプロセスから生まれてきたのではないか


言語が生まれた背景についての仮説などを脳科学的見地から述べている感じ
ミラーニューロン系の機能が生まれた背景からその機能の根本について迫ってる感じですね






アクセスログのキーワードにミラーニューロンってあってマジでビビった

ググっても出なかったけどどうやって来たんだよ(´Д`;)

というわけで本日も妄想系記事で終了です

何か定期的なネタがあればいいんだけどなぁ

とりあえず今週後輩連れて焼肉にでも行って考えよう

ラジオとテレビ出演をはたした我らの幹事長アイドルを労ってあげたいけど

3年だしテスト前忙しそうだなぁ(´・ω・`)

肉イベントも久々だ、前の火力発電所ゴッコぶりじゃね?

というわけで本日はここまでー

また明日にズサ━━━━⊂(゜Д゜⊂⌒`つ≡≡≡━━━━!!

あ、明日は七夕ですね(゚Д゚)
/ 2009/07/07(Tue)03:10 /
/ 研究メモ / trackback:0 / comment:0 /
/ 黒ごまプリン /

PROFILE

しゃむろ

  • しゃむろ
  • 【FF14】の
    【Palamecia鯖】で活動中
    【Syamu Cross】
    【ヒューラン♀】

    所属LS
    【Parhelia】
    【Le Maelstrom x Limsa Lominsa】
    【Balmung】
    【Durandal】
    【Crossover】


    主に雑記,FF14,食べ物のブログとなってます
    _|。・ω・|_

    メッセ
    syamuro.crossover
    @hotmail.co.jp

    ツイッター
    http://twitter.com/#!/syamuro

    ほぼ引退
    ラグナロクEir鯖
    拳聖@べにおRT

    子悪魔帽子とプリンとロボコンをこよなく愛するアサクロでした

b_01.gif メルルのアトリエ公式サイトはこちらへ! FFXIV PROF
    follow me on Twitter
    R-ENTRIES






    SEARCH